インプットとアウトプットのバランスを考えて英会話学習

英会話を学習する際に、なかなか上達しないという人に共通しているのが、学んだことであるインプットと、学んだことを実践で使うアウトプットのアンバランスがあります。たしかに、英会話ですから会話をしないことには上達しないです。

 

聞いただけ、読んだだけでは英会話が上達することは決してないです。日常英会話のレベルなら、暗記したことをそのまま使えば会話として成立します。しかしながら、自分の意思を伝えるレベルの日常英会話以上のレベルになると、学んだことであるインプットを実際にアウトプットして実践で使用しないことには使えるレベルにならないです。

 

特に初心者であれば、英文法とか無視して良いぐらいです。思いついたことをどんどんアウトプットするぐらいがちょうど良いです。仮にそれで伝われなければ、どうして伝わらなかったのかを認識できます。一方で、英会話に参加はたくさんするが毎回同じ表現しかしない人もいます。

 

インプット不足です。簡単な英単語や英語表現で会話が成立はしますが、自分の意思を明確に伝えるには、ボキャブラリー不足の場合もあります。個人差があるので、英会話の先生や講師に自分にはインプットが必要なのか、アウトプットが必要なのかバランスを確認するのが良いです。